MENU

シミウスの退会方法について

 

これで大丈夫?マッサージする力とは

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルの使い方は、朝と晩にジェルを塗り、同時にマッサージを行うだけ。

 

お肌のターンオーバーを正常に促進して、より早くシミを体外に排出してくれるシミケアコスメです。

 

このシミ対策に重要なポイントとなるマッサージは、一体どのくらいの力加減で行うべきなんでしょうか?マッサージの力加減は、数字で表せるような基準がなく、迷ってしまう方も多い事でしょう。

 

間違っても、強い力でマッサージすれば、より浸透してシミが消えるかも?なんて危険なことはしないでくださいね。

 

強すぎる力でマッサージしてしまうと、反対にそれがシミを招いてしまう事にもなりかねません。

 

顔は、薄い筋肉の表情筋がたくさん集まっており、強い力でマッサージをすると、お肌や筋肉に対して摩擦ダメージを与えてしまいます。

 

その結果、お肌が炎症を起こすことも。

 

さらに、お肌が炎症を起こすと、シミの元であるメラニン色素をお肌が過剰に生成してしまう…という悪循環が起こります。

 

そのため、摩擦が起こらない絶妙な力加減でマッサージをすることが重要です。

 

しかし、摩擦が起きない力加減と言われても、なかなかどの程度なのかはわからないもの。

 

摩擦を起こさない力加減は、人それぞれ個人差がありますよね。

 

例えば、乾燥が酷いお肌と潤いのあるお肌では、乾燥しているお肌の方が摩擦が起きやすいのです。

 

お肌の乾燥具合1つでも、摩擦の起きやすさが異なりますので、この力加減ならOKという基準は難しいもの。

 

でも、確実に言える事は、 SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを塗り、マッサージを行う時に、顔のお肌が引っ張られてしまう感覚があれば、それは力が強過ぎるので注意しましょう。

 

または、ジェルの量が少ないのかもしれません。

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、かなり弾力があるジェルですので、商品と一緒に贈られるお手入れガイドに沿って、適量でマッサージすれば、お肌が引っ張られる感覚は起こりません。

 

量が少ないと摩擦の原因になりますので、注意しましょう。

 

乾燥肌であり、お肌が弱いという方のマッサージを例に挙げるとするなら、お肌に優しく触れる程度の力加減で十分です。

 

マッサージと言っても、構えず優しく触れる程度でかまいません。

 

今まで、エステ店などでプロの美顔マッサージを受けた事がある方は、イメージしやすいかもしれませんね。

 

適量のSIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを使っていれば、お肌の上を指が滑る位の力加減でも、マッサージ効果はきちんと得られるのです。

 

 

飲み物でシミに効果があるものって?

 

シミ対策には、いつも飲んでいる飲み物を変えるのも有効です。

 

シミに効く飲み物を飲んで、体の内側からも「シミケア」を行いましょう。

 

シミは体内における活性酸素の増加が原因でもあるので、これを取り除くことができる飲み物を摂ることでもシミ対策ができます。

 

そこで、抗酸化成分という、活性酸素の害を抑えることができる成分を多く含む飲み物をいくつかあげましょう。

 

まずは、アーモンドミルクや豆乳です。

 

そのまま飲むよりも、牛乳の代わりにしてコーヒーや紅茶に入れて飲むと苦手な人でも飲みやすくなります。

 

たくさん飲むなら糖分の入っていないルイボスティーが良いです。

 

他にも、生姜湯、りんごジュース、トマトジュース、にんじんジュース、アセロラジュースなどがおすすめです。

 

普通はここに柑橘系の飲み物も含まれそうですが、今回はあえて外しています。

 

それは、柑橘系の果物に含まれ摂取後8時間くらい作用する「ソラレン」という成分が、紫外線の吸収を高める作用がありシミができやすくなるため、日中の飲み物としてはおすすめできないからです。

 

柑橘類の中でも、ソラレンを含まない果物もありますが今回は柑橘系の飲み物はすべて外しました。

 

紫外線やストレス、排気ガスや喫煙などでも活性酸素は発生してしまうため、すべてを防ぐのは不可能なので、飲み物や食べ物のちからを借りて、シミ対策をすることも大切なのです。

 

 

化粧品を使う前にやっておきたい事

 

化粧品は次々と新商品が発売され、話題になると使用してみたいですよね。

 

そこのあなた、新しい化粧品を次から次へと購入して使用してませんか?自分の肌に合うか確認せずに色んな化粧品を使用すると、肌荒れの原因になりますよ。

 

そこで、肌荒れなどのトラブルを簡単に防ぐ方法を教えたいと思います。

 

パッチテストという方法です。

 

一度くらいは皆さん聞いた事あるかと思います。

 

やり方は至って簡単です。

 

入浴後に二の腕の裏に化粧品を塗って下さい。

 

そして、次の日入浴する際に塗った場所が肌荒れなどしてないかご確認して下さい。

 

だいたい24時間程度経っても肌荒れや痒みなど無ければ、顔に付けても問題ないかと思います。

 

24時間経つ前に痒くなったり湿疹が出来た場合は、綺麗に落としてください。

 

あなたの体には合わないので、使用しない方がいいかと思います。

 

人の肌も化粧品もそれぞれですので、相性はあります。

 

バッチテストを自分にあった化粧品を使用する事をお勧めします。

 

その方が肌への負担が少ないので、後々の事を考えると良いと思います。

 

 

一度つかってみてほしい、シミウス

 

今みなさんどんなコスメをお使いですか?そのコスメはお肌に変化はありましたか?高いの買ったのに変化がなくて困ってる。

 

そんな方におすすめなのがシミウスです。

 

そんな高いコスメで変化を感じられなかった方の一定数がシミウスに買い替えているんです。

 

量を気にせず使えるところもいいですね。

 

今お肌でお悩みの方は気軽に注文してみてください。

 

使い心地は伸びも良くてベタつかず使いやすいです。

 

効果としては2?3週間でしみが薄くなってきたかなという感じです。

 

人それぞれ効果の違いはあるとおもいますが、薄くなってきたところとまだ薄くなってきてないところとありました。

 

シミウスはお値段もリーズナブルなんです。

 

税抜き3000円代で買えちゃいます。

 

この3000円代にするにはメビウス製薬のきれい定期便がおすすめです。

 

この定期便にすれば全部使い切ってからも返金できるし、一個使ってみて気に入らなけば簡単に解約できちゃいます。

 

シミウスのいいところはまだありますよ。

 

継続しやすいんです。

 

オールインワンジェルだから時間短縮にもなっちゃいます。

 

また、リンパマッサージをしながら使っていただくのでたるみ改善などにも効果があるんです。

 

そのマッサージとシミウスのおかげで印象が変わったねなんて言われてる方もいるんですよ。

 

そうやってお友達とか周りの方から褒めてもらえると自信にもなりますよね。

 

そうするとどんどん継続できますよね。

 

みなさんもシミウスを一度試してみてください。

 

 

使用期限はあるの?開封後はどのくらいで使い切ればいい?

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルの使用期限をご存知ですか?実は、容器や箱のどこにも使用期限が表示されていません。

 

まさか、偽装!?とちょっと不安になりますよね。

 

安心してください。

 

偽造ではありません。

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、医薬部外品に相当します。

 

医薬部外品とは、薬品と化粧品の中間として薬事法に定められた保証されたものです。

 

その、薬事法によれば、「開封していない状態で3年以上の品質が保持されている化粧品」は、消費期限や製造年月日を明記する必要が無いのだとか。

 

つまり、シミウスジェルは、未開封であれば、3年感の有効期限があるといえるでしょう。

 

では、開封した場合はどうなのでしょうか? シミウスジェルはお肌に直接塗るものですので、目安として6ヶ月と言われています。

 

食品と同じで、開封すると空気中の雑菌が混入するリスクが考えられます。

 

もちろん、空気中にいるものですから、体に害はありませんが、製品の性質を変えてしまいます。

 

性質が変わってしまった製品は、お肌によくありません。

 

極力、菌が混入しないためにも、シミウスジェルにはスパチュラがついているんですね。

 

使用後はしっかり蓋を締めることも忘れずに。

 

先程も言ったとおり、雑菌は空気中にあるため、完全に排除するのは難しいですよね。

 

保管状況によっては、6ヶ月より短い期間になってしまうこともあります。

 

できるだけ長い期間品質を保持するためには、冷暗所に保管し、湿気の多いお風呂場などは避けたほうがいいでしょう。

 

それでも、環境によって違いますので、一概に大丈夫!ともいませんので、開封後はなるべく早く使い切ってくださいね。

 

お肌への効果を存分に発揮させるためにも継続して使うことも重要になりますから。

 

毎朝毎晩使用していれば、約一ヶ月で使い切る分量になっているので、長期保管することもないとは思うのですが……

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ